事務所概要 - グランドオール法律事務所は
事務所概要

      グランドオール法律グループ事務所は、1998年6月に中華人民共和国司法部の批准を経て、1992年から1993年に設立された北京市張涌涛法律事務所、上海市万国法律事務所及び深セン市唐人法律事務所を統合し共同設立発起した中国で第一に司法部に登記されたグループ法律事務所です。

      2011年3月、グランドオール法律グループ事務所はグランドオール法律事務所に名称変更いたしました。

      当事務所は、中国最大の法律サービス機構の一つで、融資分野、特にキャピタルマーケットを最も専門とした法律サービスを提供し、社会的責任に関心と実践を行う法律事務所で、北京、上海、深セン、杭州、広州、昆明、天津、成都、寧波、福州、西安、南京、南寧、済南、重慶、蘇州、長沙、太原、武漢、貴陽、ウルムチ、鄭州、石家庄、合肥、海南、青島、香港、パリ、マドリッド、シリコンバレー、ストックホルム、ニューヨーク等32拠点にオフィスを設けております。

      当事務所には、現在600名あまりのパートナーが所属しており、その9割以上が修士、博士の学位及び高級職階を保有しており、かつ、多くのパートナーは中国の特定の法律分野における権威ある専門家又は学者として高く評価されています。このほかに、当事務所には執行弁護士、弁護士アシスタント、パラリーガル及び管理事務に従事する者を含め総勢3,000名を超える人員で構成されています。

お問合せ: グループ本部 北京オフィス 上海オフィス 深センオフィス 杭州オフィス 広州オフィス 昆明オフィス 天津オフィス 成都オフィス 寧波オフィス 福州オフィス 西安オフィス 南京オフィス 南寧オフィス 済南オフィス 重慶オフィス 蘇州オフィス 長沙オフィス 太原オフィス 武漢オフィス 貴陽オフィス 烏魯木斉オフィス 鄭州オフィス 石家庄オフィス 合肥オフィス 海南オフィス 青島オフィス 香港オフィス パリオフィス マドリッドオフィス シリコンバレーオフィス ストックホルムオフィス ニューヨークオフィス